委員会紹介

COMMITTEE INTRODUCTION

人間力育成委員会

委員長 池島 圭祐

【基本方針】

 射水青年会議所は、明るい豊かな社会の実現に向けて運動を行っていますが、地域社会の中では一人ひとりにできる活動は限られています。メンバーは仲間を巻き込んで活動を行うことで大きな力が発揮でき、地域社会の課題を解決することが可能となります。このまちを思い仲間とともに歩んでいく姿に、共感が生まれ、一致団結した活動ができます。これからも多くのメンバーを巻き込み活動をするためには、魅力あふれる人間力を高めていく必要があります。
 今年度、当委員会ではメンバーが、さらに情熱を持って活動し、謙虚な姿勢で周りの意見を聞き、人のために活動できる人に成長してもらうことをテーマに一年間の活動を行います。まずは、メンバーが情熱を燃やして活動を行い自ら成長の機会を掴みにいくために、青年会議所活動の心得を学び、自らの行動を見つめ直し目標を高く設定することで、さらに日々の活動に向上心をもつことができ、積極的に活動を取り組めるようになります。そして、メンバーが人に尽くすことを厭わなく活動をするために、同じ志をもって活動をする仲間たちと交流を行い、人と人が互いに磨き合い、理解を深めることで、相手を大切に思うことができ、敬う気持ちをもって活動を行えるようになります。また、これからも相手の意見を素直に受け入れる謙虚な姿勢で活動を続けるために、これまで先頭に立って失敗を恐れず活動し続けてきたメンバーの姿を振り返り、敬意を払うことで、他者から言動を受け入れ良い点を自分のものにし、自分の未熟な部分を改善することができるようになります。
さらに成長した人間力は、より組織の力を強固にして地域の人を巻き込む運動を可能にします。これからもメンバーが輝き続け、このまちの人に魅力的に感じてもらえるように、人を巻き込むための人間力をもった真のJAYCEEへと成長していけるよう一年間活動してまいります。

【事業計画】

・例会の開催
・研修事業の開催
・わんぱく相撲の実施
・国際交流の窓口

リーダー力育成委員会

委員長 島田 真央人

【基本方針】

 昨今、我々を取り巻く環境は急速な情報化社会の進展、大規模な災害などにより、将来の予測が極めて困難な時代を迎えています。この先行きが不透明な時代の中では、様々な問題や課題に対して迅速かつ最良な決断ができる人が求められています。今こそ、組織やコミュニティーの一人ひとりが自ら考え、より良い未来に向けて進むべき道を決断することができるリーダー力をもった人になる必要があります。
本年度、当委員会ではこのまちに住む一人ひとりが前向きな意識をもち、決断力を発揮して周囲の人々を導くリーダー力をもった人になることを目的とした事業を行います。まずは、問題に直面した時、他人事や無関心といった後ろ向きな意識を「自らが解決する」という前向きな意識に変化させるための例会を開催します。意識を変化させることで何事にも積極的に行動できるようになり、更に多くの経験や知識を積むことができます。そして、このような時代の中でも迅速かつ最良な決断ができるようになるために、経験を基に得られた豊富な知識を活用し、選択肢の中から最良だと思う道を迅速に決断し人々を導いた実例から決断力の重要性を学ぶことで、自らも決断力を発揮して人々を導くことができる人へ成長します。また、我々は地域社会を想い様々な運動・活動を行う中で市民の理解や協力は必要不可欠となっていきます。そして、メンバー一人ひとりが発信者となり、自らの活動を様々なメディアを有効活用し継続的に情報発信することにより、市民の理解を深めるとともに、認知度を高めます。さらに、運動に対する市民の声を会員全員で共有することで積極的に運動できるようになり、より市民に求められる存在になります。
このまちに住む一人ひとりがリーダー力を発揮できる人間に成長し、先行きが不透明な時代の中でも問題に対して当事者意識をもち、周囲の人々により良い未来に向けて進むべき道を示し導くことで、我々が目指す明るい豊かな社会の実現に向けて変革します。

【事業計画】

・例会の開催
・研修事業の開催
・広報活動

まちの賑わい創出委員会

委員長 林 秀彦

【基本方針】

 昨今コロナウイルス感染拡大による様々な制限から対面の交流は減少し、生活環境や人間関係の変化も急速に進みましたが、先達が賑わいを繋げてきたこの射水市も例外ではありません。価値観も慣例も変化し、先が見通しにくいことで、これまでのように賑わって欲しいと思っても具体的なイメージがしづらい状態が続いています。今こそ市民一人ひとりがまちの未来への明るいイメージと、交流を続けようという意識を持つことが必要です。
 本年度、当委員会では制限のある中でも市民が交流を続け、まちの未来に希望を持ち続けるための「きっかけと場作り」をテーマに、誰もが住み暮らし続けたいと思える魅力的な、そして持続的な賑わいのある射水市を目指した運動を行ってまいります。まずは、制限のある中でも市民が交流を続けるために、多様化が進んだ交流方法や実際に制限を乗り越えてきた事例、またコミュニティーの新しい在り方について学び、解決の選択肢を増やすことで交流しづらさを打開し、新しい交流が生まれるきっかけを作ります。そして、市民がこのまちの未来に希望を持つために、まちが今後こうあってほしい、こうなったら楽しい、といったそれぞれの思いを共有する場を作り、いろいろな角度からまちの未来について考えることで、住み暮らし続けたいまちのイメージを膨らませます。さらに、このまちに持続的な賑わいを創出していくために、まちの魅力を通して人と人とが繋がる喜びと、未来への期待感を感じられる交流の場を作り、市民が実際に交流する楽しさを感じることで、このまちに新しいコミュニティーが生まれるきっかけを作ります。
 先人たちが脈々と受け継いできた魅力は、新しい発見や交流を繰り返すことで賑わいとなり、明るい豊かな未来へとつながっていきます。射水市に関わる人みんなが、このまちにいて楽しい、もっと参加したいという思いを高められるよう、委員会一丸となり邁進してまいります。

【事業計画】

・例会の開催

美しき日本の心育成委員会

委員長 赤井 亮介

【基本方針】

 子どもたちは、IT技術の発達によりいつでも、誰とでも広く交友関係を持つことができます。その一方、SNSなどの文字のみの情報のやりとりが増え、相手への気遣いや思いやりをもつことの大切さを感じにくくなったことで、自分本位な人間関係を構築しがちになっています。この先、ますます発展する情報化社会の中にも、人と人が関わることの大切さを忘れず、思いやりの心と人を愛し尊重する心をもち、豊かな人間関係を築き成長していく必要があります。
 本年度、当委員会では子どもたちが多くの人を愛し、愛される人になることをテーマに活動を行います。まずは、子どもたちが相手の気持ちや立場になって考えるための想像力を育むために、人それぞれに違う多様な考え方とその中の情動をもっていることを理解し、それらのギャップを経験することで、相手の気持ちに配慮できるようになります。そして、子どもたちが人を自分と同じように大切な存在だという尊重する心を育むために、ひとりでは決して解決困難な課題に仲間とともに協力し、自分だけではなく仲間と喜びや悲しみを分かち合いながら挑戦することで、自分だけでなく、より多くの人を大切に考え、多くの人を愛せる人になります。さらに、子どもたちが誰かへの愛をもち行動できる人になるために、子どもたちと身近な大人がともにネットモラルについて考え、取り組むことで、子どもたちは顔の見えない相手でも尊重し、優しさをもてるようになります。一方、大人はネットを通すことで相手の存在を感じにくくなる中でも、顔の見える状況と同じように相手に思いやりと愛の心をもち行動することができるようになります。
 ますます人との関わり方が多様に変化していく中で、愛に溢れる子どもたちは人との出会いに感謝し、多くの人と心を寄せ合い、喜びや悲しみも分け合いながら成長できます。子どもたちが美しき日本の心をもった大人へ成長していけるよう委員会一丸となって力戦奮闘していきます。

【事業計画】

・例会の開催
・青少年健全育成事業の実施

アカデミー委員会

特別委員長 酒井 大輔

【事業計画】

・会員の拡大

事務局

事務局長 松田 慎矢

【基本方針】

 青年会議所の使命は、青年に発展と成長の機会を提供することであり、全メンバーが機会に触れることができれば、組織の一員としての自覚が高まり、射水青年会議所として、より大きな力を発揮することができます。新型コロナウイルス感染症の影響で思うように活動を行えていない今だからこそ、全メンバーが明るい豊かな射水の実現に向け心ひとつにまとまり、規律ある組織として大きな力を発揮できる環境を作っていくことが必要です。
 本年度、事務局では各種ルールを順守し、メンバー一人ひとりが、より主体的に活動できる組織運営を行います。まずは、各種会議が円滑に進行できるように、定款や規則を徹底して厳格さを保ちつつ、状況に応じWEB会議システムを活用した柔軟な会議運営を行います。そして、メンバー同士の連携をより強固なものとするために、次代を担うメンバー中心に構成される運営幹事会を設置し、情報共有と組織全体の活動に向け準備することで、より多くのメンバーの事業参画を通じ組織の活性化へとつなげます。また、組織の重要な意思決定を行うため、厳粛な総会を開催し、活動の足並みを揃えます。そして、地域からもメンバーからも信頼される財政運営を行うため、公益会計基準を順守し、貴重な会費を適正に活用した予算を編成します。さらに、各事業が会計上適切かを見極めるために、財政審査会を開催して会計規則に合致し費用対効果が見込める事業かを審査し、その時々の情勢の中でも事業を成功に導けるよう各委員会を支援します。また、知的財産権に代表される法令等を順守するため、コンプライアンス審査を行い、社会的信頼を確保します。
 組織としてのまとまりが生み出す力が、より大きなインパクトを地域にもたらし、射水を明るい豊かな地域へと導きます。射水青年会議所が今こそ発揮する、英知・勇気・情熱の無限の可能性を信じて、組織の下支えとなれるよう、1年間、力戦奮闘してまいります。

【事業計画】

・新年式典の開催
・定時総会の開催・運営
・運営幹事会の開催
・財政審査会の開催
・射水青年会議所の運営及び各種取りまとめ
・事務局の運営管理
・庶務全般
・射水青年会議所の財政管理全般
・公益法人格についての検証