射水青年会議所とは

ABOUT

青年会議所とはWhat is Junior Chamber

1949年(昭和24年)、戦争の傷跡が深く残る中、「新日本の再建は青年の責務である」と志を同じにする青年たちにより、東京青年商工会議所(以降、青年会議所と改名)が築き上げられました。

「明るい豊かな社会の実現」を理想と掲げ、日本の青年会議所(JC)活動と運動は始まりました。
JCは、人種・国籍・性別・職業および宗教の別なく自由な個々の意思により入会したメンバーで構成されています。

共に向上し合い、社会に貢献しようという理念のもとに各地に次々と青年会議所が誕生。
1951年(昭和26年)には全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所(日本JC)が設けられました。
現在、全国に青年会議所があり、三つの活動信条の「個人の修練」「社会への奉仕」「世界との友情」をおき、会員相互の啓発と交流をはかり、よりよい社会づくりをめざし、ボランティアや行政改革等の社会的課題に積極的に取り組んでいます。

さらには、国際青年会議所(JCI)のメンバーとして各国の青年会議所と連携し、世界を舞台として、さまざまな活動を展開しています。

青年会議所の特性Characteristics of the Junior Chamber

青年会議所には、品格ある青年であれば、個人の意志によって入会できますが、20歳から40歳までという年齢制限を設けています。
これは青年会議所が、青年の真摯な情熱を結集し社会貢献することを目的に組織された青年のための団体だからです。
会員は40歳を超えると現役を退かなくてはなりません。
この年齢制限は青年会議所最大の特性であり、常に組織を若々しく保ち、果敢な行動力の源泉となっています。

各青年会議所の理事長をはじめ、すべての任期は1年に限られます。
会員は1年ごとにさまざまな役職を経験することで、豊富な実践経験を積むことができ、自己修練の成果を個々の活動にフィードバックさせていけます。

青年会議所におけるさまざまな実践トレーニングを経験した活動分野は幅広く、OBも含め各界で社会に貢献しています。たとえば国会議員をはじめ、知事、市長、地方議員などの人材を輩出、日本のリーダーとして活躍中です。

射水青年会議所についてAbout Junior Chamber International Imizu

名称
公益社団法人射水青年会議所
所在地
〒934-0055 富山県射水市沖塚原747-1
TEL
0766-84-3500
FAX
0766-84-3869
姉妹JC
台湾 中正國際青年商会
韓国 西仁川青年会議所
シンガポール オーキッド青年会議所
友好JC
飛騨古川青年会議所

歴代理事長Past Representative

初代
2005年度高田 大介
第2代
2006年度桶谷 静宏
第3代
2007年度背戸 剛
第4代
2008年度伊勢 達哉
第5代
2009年度石灰 一友
第6代
2010年度井波 俊明
第7代
2011年度野村 竹伸
第8代
2012年度徳永 勝久
第9代
2013年度山田 淳史
第10代
2014年度越後 嘉一
第11代
2015年度大垣 友和
第12代
2016年度南 武志
第13代
2017年度本郷 勝士
第14代
2018年度越後 雅俊
第15代
2019年度中村 長治
第16代
2020年度米田 大樹