15周年特別委員会

委員長  本郷 勝士

【委員会基本方針】

 我々、射水青年会議所は青年会議所運動を通じて多くの挑戦を行うことで多くの経験を得ることができており、長い年月をかけて培ってきたこの経験は財産であり、何物にも代えることができないものであります。だからこそ長年にわたり積み重ねてきた過去を振り返りながらこの経験をしっかりと引き継ぎ、今だからこそできる運動を推進し、さらに射水の理想を創造しながら射水青年会議所の精神を継承していく必要があります。

 今年度、当委員会では次世代に青年会議所の精神を引き継ぐ事業を行います。まず、青年会議所の三信条にある奉仕・修練・友情の「魂」を継承します。奉仕では、新生射水青年会議所15周年を節目の年と捉え、未来を見据えながら10年後20年後も地域にとって必要とされる団体を目指します。さらに、過去の挑戦を振り返り先達への感謝を忘れることなく、一人ひとりが自身の経験として引き継ぎながら地域の未来を考えることができれば、より地域に必要とされる団体に成長していきます。修練では、新たなる未来を見据え失敗を恐れず新しいことに挑戦し、何事においても自分事にとらえて行動することのできる人財を育成します。また、帰属意識を持ってもらうことで地域に住む一人ひとりが大切な戦力として活躍することができます。そして、射水の理想を描く人を増やし、成長することができれば射水の未来を着実に発展させます。友情では、チームの結束力や一体感が大切です。一体感とは個々が参加しているという意識がないと生まれてきません。さらに、互いにコミュニケーションを大切にし、一緒に汗を流すことで結束力を高めて仲間意識を育んでいきます。

 射水青年会議所の精神を引き継ぐことで未来に向けて地域を愛し地域の為に行動し地域の未来を考えることが出来る人財となります。そして、魂を脈々と継承し一人ひとりが無限の可能性を信じて新たなことに挑戦し明るい豊かな社会の実現に邁進していきます。

【事業計画】

・15周年事業の開催
・15周年祝賀会の開催
・第68回全国大会富山大会の支援の窓口

コメントは受け付けていません。