サードプレイス確立委員会基本方針

委員長   倉谷 雄太

【委員会基本方針】

 射水青年会議所は、まちの未来にとって必要不可欠な組織であり会員の自己成長に繋がる場所です。しかし、会員個々における青年会議所への存在価値が低く魅力をうまく伝えることができないため組織全体で会員拡大に取り組めていないのが現状です。明るいまちの未来のためには、ともに活動できる同志を増やすことが必要です。そのために会員同志が友情を深め組織への存在価値を高めていき、自ら青年会議所の魅力を伝えていくことが必要です。

 本年度、当委員会では友情の絆をつくり組織愛を深める事業を実施します。まず、会員同志の友情を育む交流事業を行います。友情を育むためには互いのことを知り理解して信頼関係を築く必要があります。一丸となって活動・運動に取り組むために事業では、楽しい雰囲気のなか、互いのことを尊重し多くの時間を共有することで青年会議所の面白さや楽しさを新旧会員に感じて頂き、活動意欲を高めてもらいます。6月度例会では、組織全体で事業に取り組みます。子どもたちと触れ合い事業を行うことで、活動する意義や感動を感じてもらい、個々の青年会議所の価値を高めてもらいます。また、私たちは理解ある人たちの支えの中で青年会議所活動ができています。12月度例会では、家族に青年会議所活動の理解と共感をさらに得ていただくために、感謝の気持ちを伝えます。そこで家族間との交流も深めることで会員同志の絆をつくります。日々の活動の中で友情の絆をつくり青年会議所活動の価値を高めていきます。そして、射水青年会議所がサードプレイスへと変化していき、会員個々が活動・運動を積極的に行うことができます。

 一年間の活動で、友情の絆をつくりサードプレイスを確立した会員たちは「今を超える勇気」をもち一丸となって活動できます。新しい仲間に青年会議所の魅力を伝え同志を増やし、志を同じくして青年会議所活動をすることが明るいまちの未来に繋がっていきます。

【事業計画】

・例会の開催
・会員拡大活動の取り仕切り
・会員交流事業の開催
・わんぱく相撲の開催

コメントは受け付けていません。