事務局基本方針

事務局長   松浦 正明

【事務局基本方針】

 射水青年会議所では、全会員が議決権を有する総会や、会として行う事業を採択する理事会を開催してきました。しかし、近年の総会や理事会の参加率は低下し、事業に対する参加率も高いとはいえないのが現状です。会員全体が総会や理事会、それぞれの事業の重要性を理解し、想いを共有することが必要です。

 本年度、事務局として射水青年会議所会員の足並みを揃え、会の下支えとなり各種会議の運営を厳格に行います。特に理事会においては、理事の方々に会の代表の一人として選ばれているという自覚を改めて強く持って臨んで頂けるようにします。多くの理事に参加して頂くために、事前の参加確認を強化できるよう出欠確認表をメールなどのツールを活用し、理事会に参加して頂く会員に事前の確認を取ってもらえる体制を作ります。このことにより、全理事が参加する理事会を開催できることで議案について活発な意見が出る場所にします。事務局が担う新年式典・総会では、会員の手本となれる事業を行います。新年式典は、一番初めの事業でもあり、総会においても会の重要な議決を行う場となります。どちらにおいても、多くの会員に参加して頂くためにも参加確認ができる体制や、全体発送メールを活用します。重要性と段階的な参加状況を伝えることで、会員全体で想いを共有し、一人でも多く参加して頂き、重要性を理解して頂けるようにします。本年度の運営幹事会は理事会員で構成されています。運営幹事会では、議案が上程できるよう事業を行う上での運営面の確認や資料の漏れがないかを確認することで、より良い議案の構築を行います。議案の上程に関しても厳格に行い、議案の上程に遅れないようにします。

 事務局長として、射水青年会議所の下支えとなれるよう取り組みます。その中で、「今を超える勇気」を持って運営幹事会と共に射水青年会議所の一体感を高め、参加する重要性を会員一人ひとりが持てるように一年間行ってまいります。

【事業計画】

・例会の開催
・新年式典の開催
・事務局の運営管理
・各種会議の設営及び運営
・定時総会の開催・運営
・運営幹事会の開催
・射水青年会議所の運営及び各種取りまとめ
・渉外窓口
・庶務全般

コメントは受け付けていません。