財政局基本方針

財政局長 藤川 護

【財政局基本方針】

我々、射水青年会議所は、明るい豊かな社会の実現のためにこれまで様々な運動を行ってきました。私たちの主な活動財源は会員の年会費であり、会員数の変動により毎年予算編成が変わります。会員数の減少などによって安定財源の確保が難しい中、限られた予算を適正に使用し公益法人として公益性の高い事業を推進していくために、公益法人会計基準の遵守やコンプライアンスの徹底が求められています。

本年度、財政局ではまず、公益法人会計基準を遵守し公益目的事業比率50%以上を確保した予算編成を行います。毎月開催する財政審査会では、各事業の予算や決算が公益性や会計基準に適合しているかなどを審査します。予算準拠の観点から限られた予算が適切に使用されているかどうか背景・目的から鑑みて費用対効果が見込めるものかを審査します。また、決算が適正であるかどうかを審査し差異が発生した場合にはその理由も検証します。さらにコンプライアンス審査もあわせて行うことで知的財産権を保護し法令順守の徹底を図り各事業がより精度の高いものへとサポートもします。一方で、新たな取り組みとして一部の公開例会においてチケット制を導入しその仕組みを確立します。そのほかにも射水青年会議所の活動を市民の方々に伝えて賛助企業を募り、認知度を上げるとともに、より質の高い事業を行うための財源確保にも努めます。各々が知恵を出し合い協議を重ねることで参加する会員の資質向上につなげ厳正な審査機関としての担いを全うします。財政局という立場として財政面から各委員会を支え、規律ある組織運営の一助となれるように精進していきます。

公益法人として、これまでのように透明性のある財政運営を行い、公益性のある事業を広く展開していくことでさらに地域から信頼され、必要とされる組織を目指します。自分たちのこれからの活動・運動が射水のこの先の未来を創れるよう「今を超える勇気」を持って活動します。

【事業計画】

・例会の開催
・射水青年会議所の財政管理全般
・各事業の予算及び決算の精査
・費用対効果及び相対効果の精査
・コンプライアンスに基づく各種事業及び議案の精査・財政審査会の開催

コメントは受け付けていません。