京都会議報告②運営力向上セミナー

青年会議所では、年に3回、全国規模の大会があり、様々なセミナーや講演に参加することができます。

1月にはその1つ、京都会議があります。

京都会議では1年間の活動方針が発表され、全国の会員とともに本年度の政策実現に向けての第一歩を踏み出します。

 

射水青年会議所の会員が受けてきたセミナーを4回にわたって報告・紹介していきます。

第2弾は運営力向上セミナー!

 

運営力向上セミナー

 

2018年度京都会議のセミナーにて、運営力向上セミナーを受講しました。

大きく分けて3つのカテゴリーに分かれておりました。

 

①公益社団法人として

②コンプライアンス会議について

③クラウドファンディングについて

 

の内容でした。

 

1つ目の講義内容では、公益社団法人のメリット、デメリット、そしてそれらを維持するための在り方などを学びました。

私自身、年当初の基本方針を書き上げる際にも自分なりに勉強していたことなどを復習する機会となりました。

 

2つ目の講義内容では、旅行業法とサマーキャンプの適法性についてコンプライアンス(法令や規則について)の観点から考えるものでした。

毎月財政審査会議を開催しておりますが、今回の講義内容を今後の財政審査会にしっかりと活かしていきます。

毎月、各委員長が気持ちを込めて作り上げてきた議案をきっちりと審査し、より良い事業のお手伝いをさせていただきます。

 

そして、3つ目の講義内容はクラウドファンディング(CF)についてでした。

あまり耳なじみな言葉ではないですが、簡単に言うと資金調達の話でした。

そして、その資金を集めるためには、みなさんからの共感がとても重要になってくるのだということが改めて理解できました。

 

公益社団法人射水青年会議所の財政局長として、この度の学びを活かし、各事業における予算執行やコンプライアンスチェックだけでなく、地域の方々のためになる事業を一つでも展開していくための下支えができるように一年間頑張っていきます。

 

引き続きどうぞよろしくお願いします。

 

財政局長 藤川 護

コメントは受け付けていません。