京都会議2018

青年会議所では毎年1月に全国から約1万人のメンバーが京都に集まる京都会議というものがあります。京都会議では様々なフォーラムが開催されており、私は株式会社スノーピークの山井太社長による日本創生フォーラム、衆議院議員石破茂氏・日本JCシニアクラブ上田博和先輩による未来を切り拓く人財フォーラムに参加しました。


スノーピークがここまで成長してきたのは、「人生に野遊びを。」というコーポレートメッセージに表されるように、文明の進化とは反比例するように失われてきた人間性や家族の絆、人とのつながりを、自然と共に生きることで回復させたいという想い、すなわち社会的使命を持って、これを真摯に追求してきた結果であると感じました。本年の京都会議のテーマは「公に誠を尽くす」というものでしたが、まさに同社は「公に誠を尽くした」結果として、顧客に信頼され、スノーピーカーと呼ばれるファンを作り、現在の地位を確立したものと思います。本フォーラムは、自己・自社の存在意義や社会的使命を再認識し、改めて真摯にこれを追求していこうと考える契機を与えてくれました。


次に石破氏の講演ですが、本講演を聞くまでは石破氏は寡黙でクールな方だという印象を持っていましたが、本講演を聞いて大きく印象が変わりました。約1時間の講演の中で、今後の日本の行く末や、なぜ今地方創生なのかを熱く説いておられました。これから大きく人口が減少していくことを、どこか他人事として捉えていた自分がいましたが、これは今を生きる我々がどうにかしなければならない問題だということを真剣に考えさせていただきました。

そして、最後がJCが生んだ情熱伝道師、上田博和先輩の講演です。何度も書籍を読んだり、動画を見てすごい人だなと思っていましたが、今回初めて生で講演を聞きました。約30分という短い講演でしたが、熱量が半端ではなく、胸が熱くなり、途中涙が出そうになることもありました(隣のメンバーに笑われそうだったので、こらえました)。ぜひJCにはこんな熱い人がいるということを皆さんにも知っていただきたいと思います。

http://www.naigai-group.co.jp/_2016/06/post-55.html

 

今年は明治維新から数えて150周年の年だそうです。自由で平等な新しい世の中を求めて戦った坂本竜馬や西郷隆盛をはじめとする幕末の志士たちはその頃ちょうど私たちと同じ30代でした。彼らが集まったこの京都の地で、彼らに思いを馳せ、改めて自分たちが次の世代のためにより良い社会にしていかなければならない、そう感じた今年の京都会議でした。また来年も必ず行きます!!

コメントは受け付けていません。