CBA2018「リアル人生ゲーム~射水の果てまでイッテQ~」リターンズ

9月16日(日)から9月17日(月)にかけて、CBA2018「リアル人生ゲーム~射水の果てまでイッテQ~」リターンズと題して青少年育成事業を実施いたしました。

今回のCBA2018では、参加する子どもたちが自分の夢に向き合うことの大切さと、夢の実現にはそこに至るプロセスが重要だと感じてもらうことが目的です

 

本事業は当初7月30日から8月01日に開催される予定でしたが、災害級の猛暑の影響で、医師に判断を仰ぎ、本事業1週間前に中止とする運びになりました。しかしながら参加の意思を示してくれていた児童のみなさん、親御さんに一人ひとりに電話や、直接会いにいく中で、もう一度開催してほしいという声が多かったため、こども未来創造委員会のメンバーが一丸となってこの事業を行おうとやってきました。

 

時間がないなかで、様々な人に協力していただたことや、もともとの事業とは形が大きく変わってしまったため、準備などにたいへん苦労いたしました。また本事業の時も、事前の天気予報を見ると天気が良くないなど、準備、計画段階から様々な問題があったと思います。しかしながら、事業当日では天気も曇りになり、無事に本事業を行えたのは、日ごろの皆様の行いの良さだと感じております。また本事業の時は、子どもによっては不安そうな顔をしていたり、緊張していたりする雰囲気がありましたが、事業を通して、1日目の夕方には皆さん仲良く、活き活きとした顔をして活動していました。夢の実現に必要な「協力」「情熱」「計画性」などのミッションを、班の仲間で一緒にやっていく中で仲良くなれたんだと思います。また参加していただいた児童のみなさんには、今回のCBAでの目的の一つでもあった夢と向き合う時間を作ることができ、最終日には参加してくれた児童全員がみんなの前で、自分の夢を発表することができて良かったです。

 

児童のみなさんの感想文の中には楽しかった、また来年も参加してみたいなどうれしい内容も書いてあり、紆余曲折がありましたが、CBAを開催できたことが本当に良かったです。CBA2018の開催にあたり、携わっていただいたすべての皆様に心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

コメントは受け付けていません。