第46回富山ブロック大会「つなぐ人・つながる世界・かがやく富山のチカラ」

9月度例会は第46回富山ブロック大会「つなぐ人・つながる世界・かがやく富山のチカラ」を例会充当としました。

当大会は、富山ブランドを発信するために、県内各地のエリアを設けてさまざまな魅力を伝え、体験会や展示などによって、インフラ投資の重要性を発信するものです。

射水関連では、5月に実施したインスタ映えコンテストで表彰された写真・ストーリーを展示しました。

そのほかにも、生産性向上フォーラムや京都大学大学院工学研究科教授 藤井聡氏の基調講演などもあり、ブロック大会のスケールメリットを感じれるものとなっていました。

 

9月度例会は、第46回富山ブロック大会ということで、富山県にある9つの青年会議所が一同に会する大きなものとなりました。

当日に開催されたフォーラムでは、働き方改革をテーマに生産性向上フォーラムがあり、富山県内中の企業が導入しているSNSの活用方法やカルタを使用しケーススタディで会社の生産性を豊かにする体験をしたりと、非常に参考になりました。

 

また、藤井聡氏のセミナーは、インフラ整備と交流人口を高めるための公共投資がテーマの講演でした。

「市を活性化させるためにどんどん投資して人か行きかうまちづくりをすること。投資をしないからどんどん縮小していってしまうのだ。」ということがとても印象に残りました。

人口減少・高齢化が謳われる中、JCとして『明るい豊かな社会の実現』を改めて考える良い機会となりました。

コメントは受け付けていません。