JC野球大会富山ブロック2連覇達成!

6月23日に黒部市にある宮野運動公園野球場において、2018年度JC野球富山ブロック大会決勝戦が行われました。

お相手は、元高校球児の牧野理事長率いる古豪・富山JC。日中は雨が降っており、天候が危ぶまれましたが、夕方には雨も上がり、絶好の野球日和となりました。山﨑真ブロック会長の素晴らしい始球式のあと、ついに火蓋が切って落とされました。

19:00プレイボール!!

家族サービスの合い間をぬって駆け付けていただきました!

冒頭は恒例の理事長対決のため、私が先発しましたが、牧野理事長のオーラにやられて、残念ながらファーボールを出してしまいました。続く松浦君に綺麗なレフト前をくらったところで、あえなくお役御免・・。黒部JC戦に引き続き、尻拭いをエースの長田君に託しました。

しかし、ノーアウト1、2塁という大きなハンデを背負ったため、長田君本来の投球ができず、富山JCに連打を浴びせられ、1回表に一挙5点を先制されてしまいました。。

昨年度優勝チームとして惨敗は許されないと思い、チームで気持ちを入れ直して裏の攻撃を迎えましたが、先頭の私は牧野理事長のうなりを上げる速球に詰まり、レフトフライ。。続くバッターも緩急を巧みに使う牧野理事長に翻弄され、1点も奪えず。

しかし、2回表にはエース長田も立ち直り、0点に抑えた後の裏の攻撃でようやく1点を返すことができました。そして、3回表もきっちりと抑え、良いムードで迎えた3回裏、ラッキーボーイ魚(うお)副理事長の出塁を機に、富山JCの失策も絡み、藤川君の2点タイムリーヒットなどで、初回の5点差を追いつくことができました。

さぁ逆転だ、と思った矢先の4回表。またもや富山JCの猛攻に遭い、3点を入れられ、突き放されてしまいました。しかし、射水JCベンチには不思議と敗戦ムードはなく、その裏に1点を返して、2点差のまま最終回を迎えました。

最終回は僕の痛恨のエラーなどで、2アウト満塁という大ピンチを迎えましたが、エース長田の気力を振り絞った投球、そして新人の高商出身のショート田地君のスーパープレーで0点に抑えることができました。

その裏、ここまで1人で投げ抜いてきた、顔も性格も頭も良いまさにミスターパーフェクトこと牧野理事長にも疲れが見え始め、球が浮き始めてきていました。射水JCは打ち急ぐことなく、しっかりと球を見極め、ランナーを溜めてチャンスをうかがいました。そこで登場したのが前日にバッティングセンターで特打をしていた田仲専務!きっちりとセンター前に運び、ついに同点。

その後いろいろあって、なんと1アウト2、3塁というスーパーサヨナラチャンスのなかで、私に打席がまわってきました。ここまで良いところが全くなかったどころか、足を引っ張りまくった私にめぐってきた一世一代の機会で、気持ちは既にレフトスタンド。「越後、半端ないって」そんな言葉もよぎりながら、打席に立ちました。

1球ボールの2球目。牧野理事長がついに力尽き、まさかのワイルドピッチ・・バックネットに向かって転々とボールが転がるなか、サードランナーの酒井副理事長がホームイン。富山ブロック野球の歴史に残る激闘に終止符が打たれた瞬間でした。

ルーズヴェルトゲームのような劇的な展開

激闘を終えた両チーム

こんな展開でなんとかなんとか、もぎ取った勝利でしたが、「やり抜く力」で100球以上を投げ切った牧野理事長をはじめ、富山JCは打線も強力で、本当に強かったです。射水JCが勝てたのは奇跡と言っても過言ではないと思います。そして、その奇跡の裏には私たちのために何度も胸を貸してくださった射水JCシニアチームの支えがあります。

シニアチームの皆さま!歴代ブロ長の松井先輩(滑川JC)にも駆け付けていただいています。

JCは決して野球をやる団体ではないし、野球をすることで私たちの目指す「明るい豊かな社会の実現」という目的が達成されることはありません。それでも野球という素晴らしいチームスポーツを通じて、メンバーの心を一つにすることは、JC本来の事業を行っていくうえで非常に有用であると思っています。

今後、私たちは、7月8日に上越で行われる北陸信越地区野球大会に富山ブロック代表として出場してきます。昨年は長野JC相手に何もできず、4対0で負けてしまいましたが、今年はしっかりとリベンジを果たしてきたいと思います。

私たち射水JC野球部に対し、今後ともご支援ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

射水JC野球部最高!!

 

コメントは受け付けていません。