CBA2017「見つけた!キセキの糸 ~思いやりが結ぶステキな笑顔に会いに行こう~」(眞岸委員長)

img-4347

皆さん、こんにちは!!

8月7日~9日の3日間、岐阜県飛騨市古川町を舞台に、CBA2017「見つけた!キセキの糸 ~思いやりが結ぶステキな笑顔に会いに行こう~」を開催いたしました。

台風5号が接近してきているという過酷な気象状況の中、1日目・2日目は雨の中の開催となりました。

1日目は古い町並みや昨年ヒットした映画「君の名は。」のモデル地となった古川町探索を行い、夜はみんなで協力して作ったカレーを食べました。

cba2017-1%e6%97%a5%e7%9b%ae_170816_0084

2日目は古川町に住む同世代の山っ子たちと交流。

cba2%e6%97%a5%e7%9b%ae_170816_0191

みんなで作ったますずしや牛乳パックで作った流しそうめんを楽しみ、凧作りを通して交流し、最後はみんなでBBQをし、仲間との絆を深めました。

 

最終日は2日目に交流した古川山っ子のみんなにビデオメッセージを撮ったり、3日間仲間と協力して頑張った証となる組紐を作成し、相手を思いやる気持ち、仲間の大切さを実感していただきました。

img-4345

射水青年会議所において継続されてきた夏の風物詩、青少年育成事業、CBAを担当させていただきました。

今回のCBAでは人と関わることの大切さ、その中でも思いやりと感謝の心を持って関わることを感じてもらいたいと考えていました。

当日は台風5号が接近してくるという状況の中で開催し、1日目・2日目は雨のため室内での活動が多くなりましたが、その中でも子どもたちは仲間と助け合い、協力し、3日間をみんなの力で乗り切ってくれました。

最後には「楽しかった」の言葉とともに、素敵な笑顔を見せてくれた子どもたち。

この3日間で得た仲間、そして経験を大切にこれからも健やかに成長してくれることを心から祈っています。

この事業を開催するにあたり、多くの皆様のご協力をいただきました。

一人の力ではできないことも多くの力で取り組むことで乗り越えることができること、その為にも感謝の心と思いやりの気持ちを持って相手に接する大切さを学ば差せていただきました。

お子様たちを送り出してくださった保護者の皆様、サポートスタッフとして携わってくださったボランティアの皆様、医療スタッフとして参加してくださった真正会富山病院の皆様、お世話になった飛騨市古川町の皆様、そして当日サポートスタッフとして、また裏方として事業のために尽力いただいた青年会議所メンバー。

この事業に関わってくださった全ての皆様のおかげで、大きな事故もなく無事にCBA2017を開催することができました。ご参加・ご協力いただきまして、誠にありがとうございました。